‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

乾燥した道路や高速走行はチェーン破損のおそれがある

2014/07/10

自動車は状況に応じて運転する必要があります。一般的に雨の走行はよく行うことがありますが、雪道の走行となると運転の方法は一変します。
しかし日本は比較的雪が多い地域が多いのです。場合によっては大雪になることもあります。
しかしそのうち雪が溶けてしまうといったコンディションの変化があります。
そのため冬用のスタッドレスタイヤというのがよく使用されます。
ただ大雪になったり圧雪された道路や凍結した道路ではやはりスリップしてしまい危険となります。
このような状況で走行しなければならない場合はやはりチェーンというものが必要となります。
チェーンには金属チェーンとゴム製のチェーンがあります。
金属製は取り付けや管理が面倒ですがその分雪道ではとても威力を発揮します。
しかしスピードは出すことはできません、それは金属のため高速走行してしまうと重量と遠心力で外れてしまったり破損してしまう可能性があるからです。
その点ゴム製のチェーンの場合はある程度の速度までは出すことができます。道路が乾燥してきてもある程度走行可能です。
このように雪道は雪がやむと急に道路が乾燥してしまうこともよくあります。金属チェーンの場合は十分注意して走行する必要があります。

金属チェーンは騒音と振動が大きい

2014/07/10

023410積雪道路などを走行する時に、この金属チェーンをタイヤに付ける人は少なくないでしょう。
比較的安価で手に入る金属チェーンは敷居も低く、真冬のシーズンだけしか使わないのであれば尚更安価で手に入る金属チェーンを選ぶでしょう。しかし、いざ付けて走ると振動するし車内には騒音が響くし落ち着いて運転できないという方も中にはいます。特に気にならない方であれば金属チェーンでも構わないですが、冬場でも落ち着いて静かに運転したいという方は非金属チェーンをおすすめします。
非金属チェーンは金属チェーンに比べ値段もやや高めですが、騒音等はすごく改善されます。更に言うと装着時の手間もそこまでかからずに装着できますし、耐久性も金属チェーンより高いのが特徴です。
最近では、布製タイヤカバーというのもあります。名前の通り布でできていますのでもちろん走行時は静かです。装着に関しても被せるだけなので非金属チェーンよりも簡単に装着できます。しかし、高速道路のチェーン規制等では走行できない可能性があり、残念ながらチェーンとしての位置づけではありません。緊急回避用などで使用する人が多いのが現状です。
チェーンといっても今では色んなチェーンがあるので自分に合ったチェーン選びをし、積雪道路でもストレスなく安心して運転をしましょう。

チェーンの装着に不慣れな人はジャッキアップがおすすめ

2014/07/10

車が雪の上を走行する時には、スノータイヤやチェーンの装着が必要です。雪の降る季節に、チェーンを車に載せておくと、いざという時にもあわてずに済みます。チェーンには、いくつかの種類があります。代表的なものとしては、ゴム製などのものと、金属製のものがあります。ゴムチェーンは走行時の振動が少ない点や、雪の少ない路面での耐久性が金属チェーンに比べると高いという点がメリットです。金属チェーンのメリットとしては、収納がコンパクトで、場所をとらないという点があります。また、価格がゴムチェーンに比べて安いのもメリットです。デメリットとしては、走行時に金属音がするという点や、雪の無い路面では切れやすいということなどがあります。最近のチェーンは、車体を上げなくても、そのまま取り付けられるタイプのものが多くなっています。しかし、不慣れでなかなか取り付けられない場合には、ジャッキアップをするとよいでしょう。また、購入していきなり雪が積もった路上でチェーンを取り付けるのは大変です。購入後は、一度、自宅で練習しておくと安心です。また、チェーンを装着しても、雪が積もった路上は滑りやすく危険です。スピードは控えめにして運転する必要があります。

金属チェーンを選ぶメリット・デメリット

2014/07/10

冬には雪が降ることで道路に雪が積もり、これが溶けたりすることで道路が凍結してしまうということが多々あります。
道路が凍結してしまうと、車はスリップを起こしやすくなり、事故の原因となる為、凍結した道路を走行する為には対策が必要となってきます。
凍結した道路を走行する上でよく使われる手段として、タイヤを冬用の物に交換したり、タイヤにチェーンを装着したりといった方法があります。
チェーンにはゴム製のチェーンなどがあり、それぞれにメリットやデメリットが存在しています。
よく使われるチェーンの一つである金属チェーンは、低価格で導入しやすく、機動力が他のチェーンに比べて高いというメリットがあります。
豪雪地帯に住む人々以外は、チェーンを使うのは冬場だけであるということもあり、チェーンを低価格で購入出来ることはランニングコストを抑える為にも大切です。
一方でデメリットは、防錆を行わなければならないのでメンテナンス性が低く、走行音が大きいこと、車の振動が大きくなるので乗り心地が下がること、スピードの低下などがあります。
しかし、凍結した道路を安全に走行するためにもデメリットよりもメリットの方が上回るでしょう。
ユーザーの予算と求める性能によってチェーンを選択して購入するのが良いのです。

高価なチェーンは走行安定性が高い

2014/07/10

019807車は現代社会においてあらゆる手段を実現する足として活用されており、仕事や日常生活のあらゆるシーンにおいて必要不可欠な存在として利用している人々が多くいます。
車に乗る上で事故を起こさないように運転することはドライバーにとって責務であり、どのような悪天候でも安全を確保しながら、車の運転を行っていく必要があります。
冬になると雪が降ることで、道路に積もった雪が凍結するということがよく起こります。
凍結した道路は車のタイヤが滑りやすくなり、運転が難しくなる為、車を制御しにくくなり、事故を起こしてしまう原因となってしまいます。
凍結した道路での事故を未然に防ぐ為に使われるのがタイヤに装着する金属チェーンです。
金属チェーンにも安価な物から高価な物まで幅広い価格帯の物が販売されており、走行安定性を考慮すると、グリップがあってチェーンの耐久性が高いチェーンは高価なチェーンの方です。
道路が凍結した時にしか使わない金属チェーンですが、常に備えていれば、急な悪天候にも対応することができ、車を安全に走行させることが出来ます。
金属チェーンを購入する際には、チェーンの安全性能を十分に確認してから購入した方が良いでしょう。

最近の金属チェーンは収納がコンパクトに!

2014/07/10

チェーンには、金属チェーンとゴム(ポリウレタン)チェーンがありますが、ゴムチェーンの場合、走行は比較的快適ですが、金属チェーンよりも利きが弱いのが特徴です。
例えば、雪が積もった急な上り坂で装着した場合、金属チェーンの場合は始動から登り切るまでゴムチェーンより比較的スムーズに走行できます。
ゴムチェーンの場合は、小さなスパイクのため、一旦停まってしまうと始動が困難になったり、助走が足りないと空回りを始めてしまうことがあります。
深雪やアイスバーン時に装着した場合、金属チェーンはその接地点の広いため、最大限に深雪の下に食いつき除雪効果があります。一方ゴムチェーンの場合は、接地点が小さいため、特にアイスバーンではスノボーやスキーのようにタイヤが雪の上に浮いてしまい、スルッと滑ってしまう場合がありますので危険です。
また、装着しやすいのも金属チェーンの方です。ゴムチェーンは説明書を読みながらでないと難しいので、説明書が欠かせません。
収納の際にもコンパクトに納めることができるのは、金属チェーンの方です。また、ワンタッチ式の金属亀甲型リングチェーンというものがあり、装着も取り外しもとても簡単に出来て納める時も、くるっと丸くするだけで簡単にできるという優れモノです。

 

非金属製に比べて安価で購入しやすい金属チェーン

2014/07/10

雪道などを走行する時に欠かすことのできないチェーンですが、これには金属製と非金属製のものがあります。
それぞれにメリットとデメリットが有るために、一概にどちらのほうが優秀かということを語ることはできないため、使用目的に合わせて一番よいものを選ぶのがチェーンを上手に使うコツになります。
それでは金属チェーンのメリットというのはどのようなものがあるかというと、まず第一に耐久性に優れているということです。
金属で出来ているものですから当然耐久力があり、走行中に切れたりするおそれが少ないのが利点です。
そして、安価でコストパフォーマンスに優れているという特徴もあります。
車用のチェーンとはいえただの金属で出来ている鎖であるため、特別高いというわけではなく安く購入をすることが出来るのが魅力です。
そのため、手軽に購入をすることが出来るため、雪道などを走行するかどうかわからない状況でもひとまず保険として、車内の置いておくということも出来るのが利点です。
ただし、非金属のものに比べて高速走行に適さないという欠点があるため、チェーンを巻いているからと過信をせずに、雪道を走行する時には慎重に運転をするようにしましょう。

アイスバーンに強い金属チェーン

2014/07/10

006241多くのドライバーが毎日のようにハンドルを握り、その方々の目的に従って運転がなされていますが、みなさんも運転をされる時には、とにかく安全運転を心がけるようにして下さい。そうすることによって、他の方の命を守るということにもなりますが、自分自身の命を保護することにも繋がります。運転をしている最中には状況が刻々と変わっていきますが、その変化をしっかりと読み取り、その状況に合わせた運転をする事が大切です。
時には難しい状況の中で運転をしていかなければならないような事もあります。特にドライバーにとって不利な条件となるような事が色々と考えられますが、雪道なんかは多くの方が避けて通りたい道でもあるのではないでしょうか。しかし雪国に住まわれている方にとりましては避けて通れない道でもあります。
雪道が踏み固められて、更に一晩越すとその道がアイスバーンのような状態になる事もあります。更にそれが上り坂であったら、尚更車が通過しにくい状況と言えるでしょう。氷路面とタイヤとの間に水が入り込んで、それがスリップの原因ともなります。そこで駆動輪に金属チェーンを装着することで氷路面を直接掴む事ができるようになります。それによって車は何とか坂を上ることができるようになります。

金属チェーンを選ぶメリットとは?

2014/07/10

スキーシーズン、雪山などへ車で出かけるとき時や山陰、北陸、北陸、北海道の降雪・豪雪地帯ではタイヤチェーンは無くてはならない必須アイテムです。タイヤチェーンは、ゴム製、ポリウレタン製、シリコン製等さまざまな材質種類はありますが、一番スタンダートな金属製チェーンについてそのメリットについて考えます。まず、他の材質より構造が簡単で安価であることがメリットです。材質の特性でゴム、シリコン製に比べて耐久力があり、雪道、凍結路面に対して高いグリップ性能を有し、凍結路面には横滑りに強く、深雪にはガッチリと食い込み滑り止め効果は抜群です。深雪や凍結路面に深く食い込むため、前後方向のグリップが効き登坂時にその性能を発揮し高い走行性能と滑り止め効果を得られるのが大きな特徴です。形状は亀甲型とはしご型(ラダー型)と大きく2つにわけられます。チェーン形状の設置面が多いほど雪道や凍結道路の走破性能は向上しますが、接触面が多いと走行音が大きくなる傾向にあります。しかしその走行音ですが高くならないようにするには、ゆっくり運転を心がけるようになるので、特に下り坂などの坂道では自然と安全運転になります。重量感が否めませんが、最近では軽量なものや持久力・耐久力を併せ持つゴム製、シリコン・ウレタン製とのハイブリット製品も見かけるようになりました。 使用頻度が少なければ、高いスタッドレスタイヤをはき替えるより安価ですむので経済性も優れていると言えるでしょう。