チェーンの装着に不慣れな人はジャッキアップがおすすめ

車が雪の上を走行する時には、スノータイヤやチェーンの装着が必要です。雪の降る季節に、チェーンを車に載せておくと、いざという時にもあわてずに済みます。チェーンには、いくつかの種類があります。代表的なものとしては、ゴム製などのものと、金属製のものがあります。ゴムチェーンは走行時の振動が少ない点や、雪の少ない路面での耐久性が金属チェーンに比べると高いという点がメリットです。金属チェーンのメリットとしては、収納がコンパクトで、場所をとらないという点があります。また、価格がゴムチェーンに比べて安いのもメリットです。デメリットとしては、走行時に金属音がするという点や、雪の無い路面では切れやすいということなどがあります。最近のチェーンは、車体を上げなくても、そのまま取り付けられるタイプのものが多くなっています。しかし、不慣れでなかなか取り付けられない場合には、ジャッキアップをするとよいでしょう。また、購入していきなり雪が積もった路上でチェーンを取り付けるのは大変です。購入後は、一度、自宅で練習しておくと安心です。また、チェーンを装着しても、雪が積もった路上は滑りやすく危険です。スピードは控えめにして運転する必要があります。

コメントは受け付けていません。