乾燥した道路や高速走行はチェーン破損のおそれがある

自動車は状況に応じて運転する必要があります。一般的に雨の走行はよく行うことがありますが、雪道の走行となると運転の方法は一変します。
しかし日本は比較的雪が多い地域が多いのです。場合によっては大雪になることもあります。
しかしそのうち雪が溶けてしまうといったコンディションの変化があります。
そのため冬用のスタッドレスタイヤというのがよく使用されます。
ただ大雪になったり圧雪された道路や凍結した道路ではやはりスリップしてしまい危険となります。
このような状況で走行しなければならない場合はやはりチェーンというものが必要となります。
チェーンには金属チェーンとゴム製のチェーンがあります。
金属製は取り付けや管理が面倒ですがその分雪道ではとても威力を発揮します。
しかしスピードは出すことはできません、それは金属のため高速走行してしまうと重量と遠心力で外れてしまったり破損してしまう可能性があるからです。
その点ゴム製のチェーンの場合はある程度の速度までは出すことができます。道路が乾燥してきてもある程度走行可能です。
このように雪道は雪がやむと急に道路が乾燥してしまうこともよくあります。金属チェーンの場合は十分注意して走行する必要があります。

コメントは受け付けていません。