金属チェーンを選ぶメリットとは?

スキーシーズン、雪山などへ車で出かけるとき時や山陰、北陸、北陸、北海道の降雪・豪雪地帯ではタイヤチェーンは無くてはならない必須アイテムです。タイヤチェーンは、ゴム製、ポリウレタン製、シリコン製等さまざまな材質種類はありますが、一番スタンダートな金属製チェーンについてそのメリットについて考えます。まず、他の材質より構造が簡単で安価であることがメリットです。材質の特性でゴム、シリコン製に比べて耐久力があり、雪道、凍結路面に対して高いグリップ性能を有し、凍結路面には横滑りに強く、深雪にはガッチリと食い込み滑り止め効果は抜群です。深雪や凍結路面に深く食い込むため、前後方向のグリップが効き登坂時にその性能を発揮し高い走行性能と滑り止め効果を得られるのが大きな特徴です。形状は亀甲型とはしご型(ラダー型)と大きく2つにわけられます。チェーン形状の設置面が多いほど雪道や凍結道路の走破性能は向上しますが、接触面が多いと走行音が大きくなる傾向にあります。しかしその走行音ですが高くならないようにするには、ゆっくり運転を心がけるようになるので、特に下り坂などの坂道では自然と安全運転になります。重量感が否めませんが、最近では軽量なものや持久力・耐久力を併せ持つゴム製、シリコン・ウレタン製とのハイブリット製品も見かけるようになりました。 使用頻度が少なければ、高いスタッドレスタイヤをはき替えるより安価ですむので経済性も優れていると言えるでしょう。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。