最近の金属チェーンは収納がコンパクトに!

チェーンには、金属チェーンとゴム(ポリウレタン)チェーンがありますが、ゴムチェーンの場合、走行は比較的快適ですが、金属チェーンよりも利きが弱いのが特徴です。
例えば、雪が積もった急な上り坂で装着した場合、金属チェーンの場合は始動から登り切るまでゴムチェーンより比較的スムーズに走行できます。
ゴムチェーンの場合は、小さなスパイクのため、一旦停まってしまうと始動が困難になったり、助走が足りないと空回りを始めてしまうことがあります。
深雪やアイスバーン時に装着した場合、金属チェーンはその接地点の広いため、最大限に深雪の下に食いつき除雪効果があります。一方ゴムチェーンの場合は、接地点が小さいため、特にアイスバーンではスノボーやスキーのようにタイヤが雪の上に浮いてしまい、スルッと滑ってしまう場合がありますので危険です。
また、装着しやすいのも金属チェーンの方です。ゴムチェーンは説明書を読みながらでないと難しいので、説明書が欠かせません。
収納の際にもコンパクトに納めることができるのは、金属チェーンの方です。また、ワンタッチ式の金属亀甲型リングチェーンというものがあり、装着も取り外しもとても簡単に出来て納める時も、くるっと丸くするだけで簡単にできるという優れモノです。

 

コメントは受け付けていません。